カテゴリー
いわき

いつも彼はいわきの熟女を信頼できない

先ほど道中修がケチャップ、いわきの熟女、ソースをたっぷり使ってアジフライを食べていると言っていたのが気に入らないはずです。

(揚げたアジに醤油をかけ、イワシを少し加えて、熱く食べるのが一番です。そういう食べ方は…邪悪なやり方です。)

北野刑事の様子を横から見ている谷地刑事は感動しました。

いわき 熟女

(私はいつも彼は信頼できない男だと思っていました。彼が何を考えているのかわからない男ですが、それは本当に大したことです。課長は「それはかなりよさそうだ」と言いました。私は初めてその意味を理解しました。今日)

いわきの熟女はこれまで北野刑事を「ボヤ」または「オイ」と呼んでおり、彼の名前で呼ばれることはありませんでした。
北野刑事に頼らず、心を騙した男だと思ったからだ。

富津日本署に道中修を預けた後、北野刑事は北野刑事を昼食に招待した。

「お昼から久しぶりですが、近くに金炒めアジが食べられるお店があるようです。「うちはサスケ」と呼ばれています。」

「えっ!不定期にいわきの熟女しているので、今日は営業しているかわかりません。」

「店は開いています。店の近くのポリスボックスをチェックしたばかりなので、きっと……私の研究は大したことですか?」

普段は人でにぎわうお店は、ランチタイムが遠かったのですぐに入ることができました。

「わあ、ワクワクします。このお店に来たかったです。」
どうやら気分は完全に改善されました。