女性から突然いわきの割り切りを勧められる

うひひ

【ドメキ日記アーカイブ】
2020年3月23日に再投稿されました。

*
https://www.nikukai.jp/iwaki-warikiri/

「やあ、内陸の人?」

2席しか開いていないカウンターに座っている不思議な中年女性が突然声をかけた。
泡盛が入った大きなマグカップは、おそらくかなりアルコール度数が高いと思われますが、彼女の手には輝いています。
彼女が答えたとき、女性は私に続けました。いわきの割り切り

「リュウグウ城がどこにあるか知っていますか?」

どこにあるのかしら。
私と女性のほかに、壁に設置されたテレビを見て退屈している女将だけがいます。
これが私がこの特別な空間にいた様子です。

那覇で最もにぎやかな繁華街である沖縄の中心部にあるいわきの割り切り国際通り牧志公設市場は、旧歓楽街から一歩離れたところにあります。
迷路のような路地裏には、長屋にたくさんの居酒屋があり、刀が絡み合った無数のハブのように膨らんでいます。
換気扇から吐き出された黒い煙によって完全にすすめられた壁は、亜鉛メッキされた鉄またはベニヤで接合され、カーテンは擦り切れて粉々になりました。
この見た目だけでも明らかで、街を歩き回る観光客を拒絶し、地元の常連客だけが受け入れることができる独特の雰囲気があります。

フィールドの終わり、スラム街、ドヤタウン。
私はこのような場所が大好きです。

大通りのお土産屋さんがシャッターを閉め、島の「部外者」が宿泊施設に戻り始めると、流れに逆らって勝ち誇って牧石の「別の空間」に行きます。
路地裏は単なる遠征です。

プロ野球を見ながら幸せと悲しみを味わえる歓声。いわきの割り切り
酔った勢いで他の客を毒殺する罵倒声。
店の看板の女の子を台無しにする咆哮。
意識が失われ、翻訳が理解できない、理解できない奇妙な声。

散歩するだけで本当に楽しいです。
私はこの比較的静かな店のカーテンを通り抜けました。
女将が注文を頼んだので、とりあえずオリオン座でマグカップとラフテーを頼みました。いわきの割り切り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です