最近、いわきのママ活でスマートフォンを活用する

月に一度新潟に行きます。彼女は新幹線で新潟にやってくる。彼女は正午までに会い、昼食をとりました。その後、ホテルで愛し合い、お気に入りの居酒屋で新鮮な魚と一緒に日本酒を楽しんでいます。彼女は19:00に新幹線に戻ります。

https://www.nikukai.jp/fukushima-mamakatsu/#heading4

フェリーで佐渡に戻ることもあれば、新潟市の友達の家に泊まることもあります。
いわきのママ活
文明から離れた生活はとても快適です。家はありますが、庭にテントを張って寝ています。私はテントに恋をしました、そして今私は約10の異なるテントを持っています。また、モンゴルからパオを20万円で購入しました。約10人収容可能な巨大なテントです。
いわきのママ活
もともと私はテントが苦手でした。クマやオオカミに襲われるのが怖くて眠れませんでした。当初はベッドサイドに野球のバットを置いて護衛して寝ていましたが、最近は慣れてきてぐっすり眠れます。

電気をできるだけ使わないライフスタイルのおかげで、電池で動く家電製品の数が増えています。バッテリー炊飯器、ラジオ、CDプレーヤーなど。最近は落語のCDを聴きながら寝ることが多いです。

スマートフォンで映画を楽しむこともあります。
いわきのママ活
庭では、木や段ボールなどを使って水を沸かしたり、コーヒーを飲んだりしています。佐渡は人口5万人で人口がまばらなので、空も海も川も綺麗です。
2回

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です