おとぎ話のようでは信頼できない愛知の出会い

((o(^∇^)o))シンデレラのような話はフランスのおとぎ話にあった。 11月17日の世界フェアでのおとぎ話です

y tale 365日。 “愛知の出会い flea bag”以前は一人の王がいて、二人の娘がとても素敵でした。しかし、いくつかの懸念があり、私は2人を完全に信頼していませんでした。 2人が育った時、私はもっと彼を愛している私の娘に私の王国をあきらめることを考えました。長女のお姫様を私の部屋に連れて行ったとき、私はこう尋ねました。 “あなたはいつまで私を愛していますか?” “私は自分のペットと同じくらいあなたを愛しています。” “それはとても良い女の子です”と王は感銘を受け、そう言いました。愛知の出会いそれから私が二番目の娘を呼んだとき、私は同じ質問をしました。二番目の娘は答えました。 “私は食べ物の中で塩が好きなのを愛しています。しかし、王はこの答えが気に入らず、裁判所から出るように命じました。二番目の娘は泣いている泣き声の周りのものを選別し、私は城を出ました。私は今どこから行くべきか分かりません。

愛知で出会いたい男女が集う場所 7選

 

私は美しい顔がひどく矛盾していると思って、泥を意図的に描き、髪を鈍らせました。私はノミを感じたかのように、通りに誰かに会ったとき、私は体の中に登った。最後に、私は羊飼いを飼っている農夫を見つけました。農民は人力不足でない限り、そのような汚い女の子をしたくなかった。私はこの女の子を「古いノミバッグ」と呼ぶことにしました。ある日、私は羊の孤独な山の谷に私を連れて行きました。愛知の出会い私は過去に服を着替え、元の王女の姿に数時間しか戻りたくないと思った。近くの谷川で私の体を洗うとき、私は城に身に着けていた衣装を着ました。その時、王子は狩りをしていて、王女の姿に気付いた。王女は森の中に隠された。私はそれを探しても、王子を見つけることができませんでした。農夫が水を得たとき、王子は羊飼いのために働く美しい女の子について尋ねた。農夫は魔女がだまされたと思ったので、たくさん笑った。愛知の出会い王子は数ヶ月間、羊飼いの娘を忘れることはできません。彼は、両親から遠く離れた農夫に暮らす羊飼いの娘の焼きたてのパンを食べたいと言った。彼女は農夫から聞き取り、自分をきれいにして、輪を包んで生地を練ったので、その輪がパンに壊れた。彼がパンを食べているときにリングを見つけた王子は、このリングに合った娘と結婚することを両親に宣言しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です